平成29年2月3日(金)斎行

第一回 午後2時〜      亀四、五西、一舟、中川、清交崇敬団体
第二回 午後2時30分〜   仲町、中之台、中央、西三、浮洲崇敬団体     
第三回 午後3時〜      砂波、五東、三和、東五崇敬団体
第四回 午後3時30分〜   富士見、前津、上宿、リリオ崇敬団体
第五回 午後4時〜      神社総代会、来賓
 
節分祭の行事は立春の前日に当たって行われ、一陽来福を祈願して冬の陰気をお祓いする事です。
又、追儺(ついな)は「おにやらい」とも言い陰祓いの意味を持ちます。「陰」は「悪」を言い、神代の昔イザナギの神が桃の実を投げて悪鬼を祓ったという言われに基づいております。
豆撒きはイザナギの神にならって桃の実の代わりに豆を用いて、節分の日にこれを投げて「おにはらい」をするのです。
この豆を撒き、神に祈り陰(おに)、即ち悪しきを祓い春を迎える準備をする人々を年男年女と言います。
特に厄年の方々には厄落としにお薦め致します。
 
注意・・・年男年女ご希望の方は、各町会様毎にて承っております。その為、問合せは神社では無く、各町会様へとお問合せ下さい。

 

「未就学のお子さまも安全に節分祭へ参加出切るように、セーフティーゾーンを舞台右側に設置致します。
年男・年女が福豆だけでなく、様々な工夫を凝らしてお菓子なども撒かれます。どうぞ皆さまのご参拝をお待ちしております。」

 

 平成29年2月3日の節分祭は、天気に恵まれ風も吹かず、大変大勢の方がお見えになりました。年ごとに参拝客も増え、盛大になってきています。

 第1回 亀四、五西、一舟、中川、清交崇敬団体

 第2回 仲町、中之台、中央、西三、浮洲崇敬団体

 第3回 砂波、五東、三和、東五崇敬団体

 第4回 富士見、前津、上宿、リリオ崇敬団体

 第5回 神社総代会、来賓