香取神社
 ■連絡先 TEL・FAX
  03-3601-1418

お祓いのご予約・ご質問は直接おいでになるか、お電話にてお願い致します。



 鎮守の森とは、神社の境内に囲むように生息している森林のことです。 我々日本人は古来より最も自然を愛し、最も自然と共存共栄してきた民族です。 日本には八百万の神様がいらっしゃり、樹木や山など自然そのものを神様とする神社も全国に数多く存在します。 しかし近代化が進み、年々自然が破壊され、特に都心では公園か鎮守の森がかろうじて自然を残しているという状態になっています。

    当神社には葛飾区指定の保存木が多数あります。

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます


                    ▲TOP

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます


                    ▲TOP

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます


                    ▲TOP

写真をクリックすると大きな画像を見ることができます


 ●衰弱した銀杏の木
今年の夏頃より自分のギンナンの実を支えられず、秋を待たず大量にギンナンを落としました。
また、葉も写真でわかるように夏からすでに季節はずれの黄葉をしていました。
そして黄葉が中途半端なまま大量に落ちています。
写真をクリックすると大きな画像を見ることができます

 昨年、國學院大學が東京都23区59神社を調査し、その報告書を環境庁に提出したそうです。
この調査によれば、神社にある鎮守の森では、 日本の平均的に森林に比べて地球温暖化の原因であるCO2(二酸化炭素)を3.3倍も吸収しているそうです。
理由として、鎮守の杜にはCO2吸収量が多いシイ、カシ、クスノキなどの 日本古来の広葉樹が多いことが挙げられるとしています。
また、鎮守の杜がヒートアイランド現象の緩和にも役立っていることがわかりました。
公園緑地とその周辺との温度差が5.0度になるのに対し、鎮守の杜と外の道路との温度差は9.5度にもなったそうです。 特に日本でも屈指の排ガス量を誇る亀有環七周辺ではもっと差が出ていることでしょう。
それ以外にも、小鳥や小動物がいる自然を保持していることや地下に水を貯めている、
人間の健康に良い物質を発していること、目や心の安らぎの効果などがあります。
ところがこの鎮守の森が、道路拡幅や周辺地域の環境の変化により、全国各地で年々縮小を余儀なくされているそうです。
神社本庁では「毎年、全国で東京ドーム13個分のペースで鎮守の森が消えている。いったん消失した鎮守の杜は再生が難しい。」とのことです。

そして香取神社の神様とともに亀有の町を見守ってきた境内の樹木たちも、度重なる環境の変化で目に見えて衰弱してきています。
隣接するマンションやショッピングセンター建設の為に地下何十メールと掘り地下水を抜き、 地下水をせき止めてしまう為に樹木が水分を供給できない事や、環七やショッピングセンターへ向かう交通量増加による排気ガス増加、 高層マンションの日照の妨げ等急激な環境の変化が大きな原因といわれています。

 この香取神社の鎮守の森は、亀有の財産であり緑が非常に少ない亀有で数少ない安らぎの場となっています。
上記にあるように樹木たちは温暖化を防いだり、空気の清浄をしてくれています。 樹木たちも一生懸命生きています。私たちは樹木たちを守り次の世代へと引き継いでいかなければなりません。
当神社では現在樹木医の先生や造園業者と話し合い、今後出来る限りの保護をしていく準備をしています。
随時当HPや境内掲示板にて報告してまいりますので、氏子の皆様には大変ご迷惑お掛けしますがご理解ご協力をお願い致します。